”産直屋たか”に行ってきた!

”産直屋たか”に行ってきた!

toru Gの「G」はゴハンの「G」!
こんにちはtoru Gです。

食べログで東京居酒屋ランキング1位のお店”産直屋たか”にいってきたよ。
完全予約制でなかなか予約がとれないんだけど、そういうお店は直前に席があいたりするもんで、
ホームページをチェックしていたら、ちょうど一週間後にあいていたので行ってきました。

ちなみに電話できるのは、16時〜17時までの1時間と営業が終わった23時以降。
大将とおかみの2人でやっているので、営業時間中は電話に出られないからだとか。

お料理は魚介類を中心とした『お任せ料理(コース仕立て)』。
予め予算『7,500円~10,500円(税込)』を伝えておいて、それに合わせて用意してくれる感じ。
そして料理に合わせて日本酒を出してくれるんだけど、料金はお料理代に含まれている。

お店のHPからそのまま引用すると
「お飲物は試飲感覚でサービスとして
ご提供しておりますので 別途頂戴しておりません
※飲み放題では御座いません
ですから ご予算をお決めになる時は
お料理代のみの お値段だけを 決めて下さい」
とのこと。

電話をするとキャンセルのこととか、もちこみのこととか
細かなルールの説明をしてくれますが、その詳細はHPにあるよ。

さてさて、お料理は。

まずは蛤。出汁出てました。
旨みを閉じ込める為にまず表面を炙ります。
あとは、火が通るのを少し待っていただきました。
だしうまー。
P7220161

これに合わせるは、お店の名前にもなってる”貴”
発砲にごり。爽やかでした。
P7220158

あと、”貴”仕込み水がサービスで出てきます。
日本酒とこの水を交互に飲むようにとおかみが丁寧に諭してくれます。
ラベルが似てるから間違いそうなんだけど、、
P7220166
横をみると
「お水は0歳になってから」
P7220163

大根の魚介だし煮
P7220167

そして二杯目は”ロ万”福島のお酒。
この日飲んだ中で一番すきかも。しっかりした味だけど後味スッキリ。
P7220169

次は鳴門のわかめ
P7220168

そして三杯目は”日高見”だっちゃ!
辛口だっちゃ!
P7220174

そのわかめの出汁で
淡路のあなご、能登ののどくろをしゃぶしゃぶして、能登のもずくと淡路のしらすのソースで。
エビは愛媛のより海老(酒蒸し)これは魚介のたれ(手前の茶色いヤツ)でいただきます。
のどぐろもあなごもしゃぶしゃぶでたべるのは初めてだったけど、
どっちもちゃんと歯ごたえが合って、ソースも絡まると絶妙でした。
P7220172

大分の岩牡蠣
おかみ「今剥いたばかりだから豪快にいただいて!」とのことだったので豪快にいただきました。
P7220176

四杯目は”姿”
これも飲みやすかった。。。(味忘れてる)
P7220180

愛媛瀬戸内の日扇貝
ビジュアルからしておいしそうでしょ。
P7220181

伊豆下田の姫さざえ
苦みがぜんぜんなくて濃厚な肝でした。
P7220186

関あじ
P7220188

利尻の蝦夷馬糞うに
P7220189

五杯目は”而今”の純米吟醸
間違いないヤツです。
でも、これサービスなんだよね。夢みたい。
P7220191

大分 豊後水道 テンジクアジ
食べるとこいっぱいありました。
P7220193

最後の1杯は”亀齢”
これは、すごい濃厚で「酒」と言った感じ。
きれがあるのが好きな私にはちょっと苦手な感じでした。
P7220195

やー、美味かった。
出汁はいいね。やっぱり。
ごちそうさまでした。

ここだよ。