円空仏を作ったよ

円空仏を作ったよ

どうも、toru Tです。
メイカーズベースのワークショップで円空仏をつくってきました。
実はワタクシ、彫刻というか仏像を彫るのはずっと興味がありまして、でも敷居高そうだなと思ってたんです。そんな中これが開催されることを知り、しかも1日で掘れるっていうなら行かない手はないでしょう。
今回のワークショップは8月に複数回あったんですが、ほぼ全て埋まってしまったそう。早めに申し込んでよかった。。参加費は5400円。
先生の作品。
P8090005
今回彫るのは円空観音像。
円空さんは江戸時代の人で、全国を行脚しながら、生涯に12万体の仏像を掘った人。デザインが簡素化されていて、無骨な感じが特徴。

ヒノキを使います。今回用意してもらったのは、比較的目がまっすぐで初心者でも掘りやすいものみたい。
P8090014
まずは、四角いヒノキを三角に。ノミと鎚を使います。
P8090022
はい、できたー。
P8090032
そしたらつぎは、肩のライン、首のライン、台座と袖のラインを鉛筆で下書き。
P8090033
で、ノコを使ったり、
P8090035
ノミで削ったり、
P8090048
できたー。これがベースになります。
P8090051
その後は、鉛筆で書いて、彫刻刀で削って。を繰り返していきます。
ここからは、集中し過ぎて写真撮るのわすれてました。
P8090054

P8090058

P8090060

P8090062

P8090063
6時間無心で掘り続けた結果、観音様が現れてくれました。
すごくいい時間でした。

やっぱり、Makers’ Baseはいいなー。